更新情報

流行りの中古ドメインとは何か

ドメインとは何か、と言われてしっかりと説明できる人は多くないでしょう。
ドメインとはコンピュータの住所のようなもので、更に詳しく言うと、
住所を分かりやすく見せるものです。同じ住所が存在しないように、
ドメイン名も同じものは存在しないのですが、誰かが使い古したオールドドメインというものが最近は人気です。
今回はこの、オールドドメインとも呼ばれる中古ドメインがどういったものなのかを詳しく説明すると共に、
中古ドメインを使う理由、メリット・デメリットを紹介します。


オールドドメインとは期限切れのドメインの事である

元々ドメインの更新期間は取得から1年と決まっています。
その期限が切れて放棄したドメインがオールドドメインとなるのです。
オールドドメインはSEO対策に効果的ですが、その反面リスクも高いです。

メリット

ドメインエイジが引き継がれる

ドメインには取得日というものが存在します。
オールドドメインも、取得を行った日が取得日になりますが、
取得日とは別にドメインエイジという、そのドメインをいつ頃から使っているかを示すものが引き継がれます。
ドメインエイジが古いと、長くサイトの運営をしているとみなされ、信用力が高いとGoogleに判断されます。
新規で取得したドメインとは大きく異なる点です。

インデックスが速い

新規ドメインの場合、Googleの検索エンジンがサイトを認識するまで時間がかかります。
しかし、中古ドメインでは過去に認識されているという実績がある為、
通常よりも速くサイトが認識され、検索の上位ランクに入りやすいです。

ページランクが引き継がれる

Googleが指標としているページランクをオールドドメインであれば引き継ぐ事が出来ます。
Googleのアルゴリズムはページランクの高さがSEO対策に影響している部分がありますので、
この中古ドメイン効果は嬉しいですね。

カテゴリ登録も引き継がれる

Yahooカテゴリ登録や、クロスレコメンドなどのカテゴリ登録が引き継がれるので、
余分なコストを削減する事が出来ます。
やはり1から全てやるよりも、ある程度基盤の出来たものを扱う方が楽ですよね。
オールドドメインはそういった点を兼ね備えています。

デメリット

ペナルティを受けているオールドドメインがある

そもそもページランクの高いサイトやバックリンクがついているサイトを捨ててしまう事自体、
おかしいとは思いませんか。
こういったドメインにはペナルティが着いている可能性が高いですので注意しましょう。
中には、検索結果に全く表示されず、圏外扱いを受けている場合もあり、
当り外れがかなりあります。

長期的に見ると危険

オールドドメインは最初からアクセスが集めやすいので、はじめの一歩として適していますが、
長期的に見れば、いつランクが落ちて使い物にならなくなるか分からないという危険があります。
利用する場合はしっかりと考える必要があります。

中国系のものに注意

ページランクがたとえ高いものでも、
中国関連のページリンクがあると一気にイメージが悪くなる事があります。

時間とお金がかかる

良質なオールドドメインを探すには結構時間を費やしますし、
お金の方もかかってしまいます。
初めからページランクの高いものなどは、数万円で取引されるほどです。
しっかりと財布と相談して決めましょう。
だいたいの目安としては、
ページランクが3のものは5千円から2万円、4は1万円から5万円、
5は3万円から10万円、6は10万円から30万円くらいします。

このようにオールドドメインにはメリット・デメリットが沢山あります。
オールドドメインを使用するという事は、今までのサイトの運営者が変わると言う事です。
ページランクは被リンクによって支えられているので、
内容が以前と変わってしまったりするとリンクを外されてしまう可能性があります。
そうされると、ページランクは大きく下がるので注意しましょう。
紹介したこれらの事を知らずにオールドドメインに手を伸ばすと損をする事が多いですので、
利用しようとしている方は必ずチェックしましょう。
質の良さ、金額面、ページランク、ドメインエイジなど、
見るべき点が多いですが、これらを考慮した上でオールドドメインを利用するといいでしょう。
良い面と悪い面があるので利用することを躊躇してしまったり、悩む方が多いですが、
品切れが続いているので人気がある事は確かです。

Copyright(C)2016 オールドドメインを活用してSEOに強いサイトを作ろう! All Rights Reserved.